シェアする

海外「完全にセクハラ」日本人女性にキスを迫る、ウェアラブル翻訳機「ili」のPR動画がヤバ過ぎる…海外の反応

東京に拠点をおく株式会社ログバーが開発したウェアラブル翻訳機、「ili」のプロモーション動画が気持ち悪すぎると話題になっています。動画はイギリス人男性が日本人女性に「ili」を使ってキスを迫るという内容。

「ili」はインターネットを介さずに翻訳ができ、現在、日本語、英語、中国語に対応しているとのこと。

ログバーが開発した指輪型の入力デバイス「Ring」も過去に話題になりました。

Logbarは新たなコミュニケーションを生むためのキッカケをテクノロジーを通して作り出していきます。2013年より開発しているRingでは、ジェスチャーを通して様々なアクションをショートカットする世界を実現させていきました。2016年からはウェアラブル翻訳デバイスili(イリー)を通して、世界中の人たちの言語の壁を感じることなくコミュニケーションできる世界を実現させていきます。

http://logbar.jp/ja/

ログバーの社長は吉田卓郎氏、北海道出身とのこと。

ログバーの新プロダクト、ウェアラブル翻訳デバイス「ili」(イリー)を発表いたしました!コトバの壁さえなくなれば、もっと世界の国々に行きたいと思うし、もっと世界の人たちと仲良くなれる!

Posted by 吉田 卓郎 on 2016年1月5日

スポンサーリンク

以下、コメント欄のまとめ。

・製品自体は素晴らしいのに、なんでこんなことをするんだ?なぜキスをする必要があるの?この国はお前のものじゃない。

・製品のコンセプトはいいのに、マーケティングはクソだな。

・こういう発明は僕の夢だったのに、それをこんな酷い使い方をするのか。

・マジで腹が立った。

・気持ち悪すぎる。

・そんなに怒るほどのものではないと思うよ。

・無理矢理キスしてるわけじゃないから、別にいいと思う。

・面白い動画だね。

・道で女性にセクハラをするのがなんで面白いんだ?

・最後、「誰も見てないから」と言って、強引にしたな。

・僕は日本に9年住んでる外国人だけど、まじでムカついた。日本人は外国人に対して悪いイメージを持ってる。それを改善する努力をしてるのに、この動画はその努力を無駄にした。こんなセクハラみたいなことをしなくても、他に宣伝する方法はいくらでもあるはず。

・「セクハラじゃない、普通にお願いをしてるだけ」っていうコメントがあるけど、彼は女性を追いかけてるんだぞ。

・この会社のマーケティングは誰なんだよ。頭がおかしいよ。

・お願いだから日本人女性を尊重してくれ。日本に来て、同じことができると思わないでくれ。これはただのセクハラだよ。

・英語から日本語の翻訳はできてるけど、日本語から英語への翻訳ができることを見せてないな。

・知らない人とキスをするのがイギリスでは普通なのか。

・日本人を馬鹿にし過ぎだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク