シェアする

原爆投下後の広島と長崎を撮影した映像が怖すぎる…海外の反応

アメリカ政府によって1946年に撮影された映像のようです。原爆投下によって全てが破壊された後の広島と長崎の様子、及び、爆発の瞬間、キノコ雲が上がる様子が記録されています。

予備:https://youtu.be/TpPWS-eO6OA

原爆に遭った少女の話

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・こんなに恐ろしい映像は他にない。

・原爆はなぜ空中で爆発させたんだ?その方が放射線が広がるから?

・地表面で爆発させると、地形によっては最大限の威力を発揮しないんだよ。核爆弾を使うときには、出来る限りのダメージを与えなければいけない。建物のレベルよりも高い位置で爆発させれば、そのエリアにある全てのものにダメージが及ぶ。ビルや丘などがあれば、衝撃は小さくなる。

・軍事基地にいた2万人が一瞬にして蒸発した。閃光が走って、熱を感じた瞬間、全て消え去った。怖すぎる。

なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか

・日本への原爆投下が正しかったのかどうかということがよく議論されるけど、当時の日本は強力な軍隊を持っていて、連合国よりも優っていた。そして勝利への執念は凄まじいものだった。原爆が投下されなければ、今の太平洋周辺の状況は全く違うものになっていただろう。

・連合国より強かったってのは嘘だろ。原爆が落とされる頃には、日本の海軍は壊滅状態だったし、毎日のように爆撃を受けていた。原爆は降伏を早め、損害を最小限にするためのものだったんだよ。

・そもそも、日本軍がアジアの国々で残虐行為を行わなければ、原爆も落とされなかったんだよ。

・原爆投下は正しかった。原爆を落とされなければ、日本は本当に国民が一人もいなくなるまで戦い続けただろう。原爆によって20万人の命が失われたけど、そうしなければ、何百万人もの日本人が犠牲になっていたし、アメリカ人もたくさん犠牲になっていたかもしれない。そしてソ連の干渉から日本を守ることにもなった。

・もし日本がアメリカよりも先に原爆を開発していたら、間違いなく日本がアメリカに原爆投下していた。

・何十万人という民間人を虐殺することが正しいわけがない。

・原爆投下があろうとなかろうと、すでに多くの民間人が犠牲になっていた。原爆はその被害を最小限に抑えるためのものだった。当時、東京でも大規模な空襲が行われていたけど、戦争があれ以上長引いていれば、原爆の犠牲者と同じ数の人が東京で毎日、空襲の犠牲になっていただろう。

・広島と長崎の犠牲者を合わせると12万9千から24万6千人になる。911のテロでは3000人だから、レベルが全く違う。

・原爆に放射能汚染という余波があることは良いことなのかもしれないな。それがなければ、核保有国はまるで紙飛行機を飛ばすかのように核爆弾を撃ち合っているだろう。

・一番きれいな核爆弾は中性子爆弾だね。爆発力は最小限だから建物はほとんど壊さず、生物だけにダメージを与えるから、数日後にはそこに人が住める。

・核爆弾ってのは難しいもので、こんなものが発明されなければよかったと思う反面、現在ではそれが抑止力になって、大国同士が戦争するのを防いでいる。

・広島には行ったことあるけど、あれだけ復興できたのは素晴らしいことだよ。そして原爆の爪跡も残されている。

出典:This 1946 film shows how the atomic bomb destroyed Hiroshima and Nagasaki Japan with actual footage

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク