シェアする

宮崎駿監督が安倍首相の政策を批判「歴史に名を残したいんだろうが、愚劣だ」…海外の反応

宮崎駿監督が2015年7月13日、東京・小金井市にあるスタジオ・ジブリで記者会見を開きました。会見は、日本外国特派員協会に所属する海外メディアの報道陣限定で行われました。内容は、宮崎駿氏が共同代表に就任した「辺野古基金」に関する質問や、安倍晋三首相の安保法制、戦後70年談話、原発政策に対する意見、「アメリカの大量消費社会」に対する批判、歴史認識問題やアニメに対する批判など。

【全文】「世界がもっと根元の方でみしみしと悪くなっていくようです」〜宮﨑駿監督が会見

会見の模様はこちら。

宮崎駿の平和論

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・宮崎駿が大量消費社会を非難するなんて、笑かすなよ。ポニョやトトロ、ナウシカなどの映画の版権で稼げてるのはその大量消費社会のおかげだろ。

・宮崎駿はマルクス主義者だったのか。

・宮崎駿は正しいよ。日本の右翼が勘違いしてる。中国は日本と戦争する気なんてないのに、日本が中国にちょっかい出して戦争に持ち込もうとしてるんだ。日本はアジアの国として、アメリカの犬になるのではなく、中国との関係を築くべきだ。日本には宮崎駿みたいな人がもっと必要だよ。彼の原発に反対する姿勢はすごく好き。

・中国は日本とは戦争をしたがってないし、日本も中国と戦争なんてしたがってない。でも実際に中国は南シナ海に軍事目的で岩礁の埋め立てをしている。それが東南アジアの国々に対する抑止力なのだとすれば、日本が中国に対して行っている行為も抑止力と呼ぶべき。

・宮崎駿はどうして『風立ちぬ』なんて映画を作ったんだろう。あんな映画は他の国から見ると、日本が過去の軍国主義の時代を美化しているようにしか見えないのに。

・『風立ちぬ』は戦争を美化してる映画じゃないよ。飛行機に対する愛を描いた映画だ。

・でもスタジオジブリは『火垂るの墓』という真逆の映画も作ってるんだよな。

・宮崎駿は映画監督だからな。政治に対する意見を聞いても仕方ない。

・なんで宮崎駿って自然にこだわるんだろう。商業主義を嫌い、アメリカを嫌い、大量消費社会を嫌ってるのに、タバコは吸うんだよな。

・喫煙に関しては欧米よりも日本の方が寛容だからだろ。

・宮崎駿って何に対しても文句を言うんだな。彼の映画は好きだけど。彼はよくスタッフに「子供をいるのか?」と聞くらしい。そして子供がいると答えると「君の子供が可哀想だよ。こんなクソみたいな世界に生まれて」と言うらしい。本当かどうか知らないけどね。iPodも嫌いで、アメリカの文化も嫌いで、アニメも嫌いで、最新の科学技術も嫌い。ネガティブすぎるよ。

宮崎駿

・『千と千尋の神隠し』に込められたメッセージとして大量消費社会は良くないってのがあるんだっけ?宮崎駿のドキュメンタリーを見たけど、、なるべく日本製品を買うようにしていた。

・この人は一体、何が好きなんだろう?

・幼女だろ。

・宮崎駿監督には日本のためだけでなく、人類全体のために反戦映画を作ってほしい。

・宮崎駿はナウシカ以来、ずっと反戦のメッセージを込めてるよね。

・個人的にアジアの国に謝罪ツアーにでも行けばいいけど、たぶん日本人の同意は得られないよ。

・大衆に対して送りたいメッセージがあるなら作品でそれを表現しろよ。

出典:RedditJapanToday

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク