シェアする

『攻殻機動隊』の舞台化作品が凄すぎる…海外の反応

海外で最も人気のあるアニメの一つ、『攻殻機動隊』の舞台化作品、『攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE』の幕が上がり、原作のキャラクターを見事に再現している画像が話題になっています。

『攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE』の公式サイト

攻殻機動隊の結成前に焦点を当てた劇場アニメ「攻殻機動隊ARISE」を舞台化した本作。草薙素子役は青野楓、バトー役は八神蓮、トグサ役は兼崎健太郎が演じているほか、荒巻大輔役はアニメ版と同じく塾一久が務めている。

http://natalie.mu/comic/news/165114

攻殻機動隊

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・これは今すぐに日本に行かなければ!

・3Dの効果がどんな感じだったのかだけ気になる。

・けっこう良く出来てるね。

・攻殻機動隊は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が一番なんだよなあ。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

・こんな舞台を作って儲かるほど、みんなアニメやゲームを題材にした舞台を見に行かないんじゃないかな?有名人が出演したり有名な作家が書いてるわけでもないのに。若い人は舞台を見ないし、年寄りはアニメやゲームには興味がない。

・『BLEACH』『デスノート』『NARUTO』『ワンピース』なども舞台化されてるけど、成功してるぞ。

・草薙素子役の女優さんはいかにも草薙素子って感じの見た目だね。

・アニメを実写化するときに必ず問題になるんだけど、草薙素子の胸のボリュームが足りない。

・『攻殻機動隊 ARISE』の草薙素子は胸は小さめだぞ。

・バトーってこんな感じだったっけ?

・ハリウッドがスカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化するって話はどうなったんだ?

・ジェームズ・キャメロンはまだ『銃夢』を映画化する権利を持ってるらしいな。

・ロバート・ロドリゲスに監督をさせることになったらしいぞ。

銃夢

・舞台の内容がどうだったかはわからないけど、キャラクターの見た目はなかなか良いね。元々のデザインがそんなに現実離れしてないからかな。

・こんな舞台が面白いわけないだろ。原作の良さを壊すに決まってる。アニメだから面白いんだよ。

・なんかすごく安っぽく見える。

出典:First Look at the Ghost in the Shell Theatrical Play

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク