シェアする

首相官邸の屋上にドローンが落下、放射性セシウムが検出される…海外の反応

2015年4月22日、首相官邸の屋上にドローンが落下しているのが発見されました。ドローンには小型カメラと液体の入ったプラスチック容器が取り付けられており、液体からはセシウム由来の放射線が検出されたとのことです。

 警視庁公安部などの説明では、ドローンは官邸職員が新人職員に施設を案内している最中に見つけた。直径約50センチで、プロペラが四つあり、小型カメラが付いていた。プラスチック容器にはふたがされ、中身は見えない状態だった。容器には「RADIOACTIVE」(=放射性の)と書かれた放射性物質を示すシールが貼られ、内部からセシウム134とセシウム137由来の放射線が検出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000048-asahi-soci

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・ドローン一つにすごい数の警察官だな。

・ブルーシートの大きさからして、相当大きいドローンだったんだろうな。

・誰も負傷してないのに何でまたブルーシートを使ってるんだ?警察はブルーシートのメーカーと何か契約してるの?

・ドローンを飛ばすのに免許が必要にすればいいよ。ドローンってそんなに高くないから犯罪に使われやすい。

・これってかなり怖いことだぞ。

・これはすぐにドローンが規制されるだろうな。

・反原発運動のためかな。

・フクシマの真実を隠すな、っていうメッセージかな。

・女子トイレを盗撮しようとしてたんじゃないの?

・テロリストが真似をするぞ。

テロリストの心理戦術

・放射性物質が検出されたっていうけど、日本なんてどこにでも放射性物質はあるんじゃないのか。

・人の手で作られたもので放射性がないものなんて存在しないぞ。

・ホワイトハウスにも落ちたくらいだからな。今更驚かないよ。

2015年1月26日早朝、ホワイトハウスの敷地内で一機のクアッドコプターが墜落していたことが判明しました。大統領の身を守る警備の網をすり抜けてドローンが侵入したあげくに墜落するという事態に関係者は騒然。厳戒な警備体制が敷かれて調査が行われたのですが、後にこのドローンを操縦していた人物が酒に酔ったシークレットエージェントの1人だったことが判明しています。

http://gigazine.net/news/20150129-drone-crashed-to-white-house/

・北朝鮮が最新のドローンの性能を試してたんだろう。

・きっとオバマが飛ばしたんだろう。

・福島原発の近くの海に落ちたドローンが放射能を帯びて知能を持つドローンとして生まれ変わったとか。

・ゴジラが飛ばしたんじゃないの。

・日本人が日本政府を攻撃するために飛ばしただけだろ。

・Amazonが配達にドローンを使うシステムを考えてるくらいだ。テロリストが使わないわけない。

ドローンを使って注文から30分でお届けしてくれる新サービス「Amazon Prime Air」の計画をAmazonが進めていることが2013年12月に明らかになりましたが、新サービスの前にはアメリカ連邦航空局(FAA)の厳しい航空規制が立ちはだっていました。しかしながら、ついにAmazonがドローンのテスト飛行の許可をFAAから取得し、ドローンの操作テストやトレーニングを行うことが可能になっています。

http://gigazine.net/news/20150320-amazon-drone-permission/

・戦争にドローンが使われるようになるのかな。

・ドローンは安く大量に作れる分、核ミサイルより厄介かもしれない。

・ドローンに関する法律をすぐに整備しないといけないな。

・一般人が購入できないようになるかもしれない。

クアッドコプター

・ドローンがテロの新たな手段になったな。

・「もしドローンがテロに使われたら」じゃない。「いつドローンがテロに使われるか」だ。

・この世界はどんどん危険になっていく。自分の身は自分で守るようにしないといけない。

出典:Drone found on roof of Japanese prime minister’s officeCamera-equipped drone found on roof of Abe’s office

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク