シェアする

ドナルド・トランプの安全保障顧問「中国に対抗するためには日本は重要」…海外の反応

アメリカの次期大統領に当選したドナルド・トランプ氏の「安全保障顧問」であるという人物によると、トランプ氏は日本に対して、中国に対抗するための「アジアでより積極的な役割を果たすこと」を期待していることがわかりました。2016年11月11日にロイター通信が報じています。

 同通信は、トランプ氏が17日の安倍晋三首相との会談でこうした立場を伝える可能性を指摘しつつ、「日本への役割拡大要求は首相のタカ派的な政策と合致するだろう」と分析している。
同通信によると、この顧問はトランプ氏の安保政策について、就任後100日間で国防予算の削減を停止し、新たな軍艦の建造に予算を投じるだろうと説明。「米国はアジアに長期間関与する決意だというメッセージを、同盟国の日韓両国だけでなく中国に送ることになるだろう」と語った。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111200102&g=use

トランプ氏が大統領になったら、日本はどうなる

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・トランプは日本に兵器をたくさん買ってほしいんだろう。

・日本にも兵器を作ってる企業はある。足りないのは核兵器だけだ。

・日本にはガンダムがあるらしいからな。しかも相当デカイのを持ってるらしい。

・ちょうど先月、日本に行ったときにお台場でガンダムを見てきたんだけど、マジで凄かったよ。

・日本とアメリカでロボット対決をするって話があったはずだが。

日本の水道橋重工業の巨大ロボットとの対戦に向けてシード資金の調達に成功したMegaBotsチームが、開発の現状を詳しく紹介するビデオの第一弾を公開した。

ここには過酷なテストや既存モデルが激しく転倒する様子などが収められている。全体で7分半ほどで、Megtesチームが戦闘で乗員を保護するメカニズムを開発するためにロボットに激しい打撃を与えているところが見られる。武器もモジュール式になり、バリエーションが増えた。威力も恐るべきものになる…かもしれない。

http://jp.techcrunch.com/2016/10/13/20161012megabots-3/

水道橋重工がアメリカのロボット製作会社、メガボットの挑戦状に答えた!…海外の反応

・日本はドナルド・トランプの思想を支持できる数少ない国の一つだよ。日本は世界第3位の経済大国で、軍事力も持っている。ただし、日本は軍隊を持っていないから、防衛をアメリカに頼らなきゃいけないんだ。

・日本にも軍隊はあるよ。でもそれは攻撃するためじゃなくて自衛のための軍隊なんだよね。

・トランプは日本に軍事費を上げるように要求するだろうね。GDPの1%から2%までは上げさせるんじゃないかな。ちなみにアメリカはGDPの3.3%が軍事費だ。

・トランプは信念や理想なんて持ってないんだよ。既得権益をぶっ壊すつもりなんだろうけど、それではまた新しい既得権益が生まれるだけ。

・トランプはもっと日本、アメリカ、韓国の合同軍事演習をやるべき。中国の横暴を止めるためにアジアの国々の結束を固めないといけない。

・インドも仲間に入れてくれよ。

池上彰の世界の見方

・ドナルド・トランプはまともな大統領になると思うよ。クリントンやブッシュやオバマは中東で数々の戦争を起こしたうえに借金を山ほど作っただけだった。

・ブッシュは最悪だったな。あれよりダメな大統領は現れないだろう。

・トランプってレーガンみたいだよな。

ブッシュ妄言録

・トランプは日本に防衛費の負担増加を求めるって言ってたけど、それはどうするつもりなんだろう。

・それを話し合うために会談するんだろうな。

・日本の総理大臣とアメリカの大統領がこんなに仲良くするなんて、小泉とブッシュ以来か?

・日本人でかなり保守的な国家主義者の友達がいるんだけど、トランプが大統領になるのを怖がってるんだよな。でもそいつとトランプの思想はかなり似てるんだ。安倍首相とトランプもけっこう似てると思う。

出典:RedditReddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク