シェアする

中国海軍の軍艦が尖閣諸島の接続水域を航行…海外の反応

中国海軍の軍艦が2016年6月9日午前0時50分頃に尖閣諸島付近の接続水域内に入ったことが防衛省により発表されました。また、6月8日の午後9時50分頃にはロシア海軍の軍艦も尖閣諸島の接続水域に入っていました。

 防衛省などによると、8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦など3隻が尖閣諸島の久場島と大正島の間を南から北に向かって航行しているのを海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」が確認した。9日午前3時5分ごろに接続水域を離れた。

さらに、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入ったのを海自護衛艦「せとぎり」が確認。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

http://www.sankei.com/politics/news/160609/plt1606090008-n1.html

中国国防省はこれについて、「とやかく言うな」と主張しています。

中国国防省は9日、同国海軍の軍艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を航行したことについて「(尖閣諸島は)中国固有の領土だ。中国の軍艦が自国の管轄する海域を航行するのは理にかない、合法であり、他国にとやかく言う権利はない」と主張した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000109-jij-cn

最後は孤立して自壊する中国

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・また一歩、戦争に近づいたな。

・日本も報復として核兵器を積んだ戦闘機を北京に着陸させてやればいいんだよ。

・でも日本はこれ以上、核兵器を落とされたくないからな。

・こんな小さな島が原因で第三次世界大戦は始まるのか。

・島自体は問題じゃない。その付近の海洋資源をめぐって争っているんだよ。

・地球温暖化で海面が上昇すれば、こんな小さな島は海に沈むよ。それで領土問題は解決する。

・それでもまだ海洋資源をめぐって争いは起こるよ。

・中国人は尖閣は中国のものだと思ってるし、日本人は尖閣は日本のものだと思ってるんだよな。

日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相

・地図を見る限りでは日本より中国に近いように見えるけど。

・むしろ台湾に一番近いと思うが。

・台湾に一番近いんだから、台湾にあげればいい。領土問題を解決するには、その島に一番近い国の領土とするしかないよ。他にも日本と韓国、韓国と中国、日本とロシア、まだまだ領土問題は残ってる。

・そしたら中国は、台湾は中国のものだと言い出すよ。

・すると南シナ海の島はベトナム、フィリピン、マレーシアのものになっちゃうから、中国は認めないだろう。

・もう日本は尖閣諸島にミサイルを配備するしかないよ。

・中国はたぶん、南シナ海から注意を逸らしたいんだろう。

・中国は1930年代の日本と同じ道をたどろうとしてる。歴史は繰り返される。

・中国ほどの帝国主義者はもう現れないだろうな。

・もしこれで第三次世界大戦が始まったら、最初の一ヶ月で中国は東南アジアを征服するよ。日本が1942年にやったみたいにね。そしてオーストラリアが脅されている間にアメリカが戦争に参加してイギリスとニュージーランドと同盟を組む。第二次世界大戦のときのように、侵略者は徐々に押し戻される。死者は恐ろしい数に及ぶ。核兵器が使用された瞬間、世界は終わる。

出典:Guardian

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク