シェアする

中国政府が新疆ウイグル自治区で「子供に宗教を教えることを禁止」…海外の反応

中国の新疆ウイグル自治区で新たに施行される「子供に宗教を教えることを禁止する」法案が話題になっています。新疆でのイスラム教弾圧を促進する狙いであると見られています。

2016年11月1日から施行される新しい教育法案は「子供を宗教活動に参加させることを禁止する」というもの。子供にイスラム教徒の女性が身につけるようなヘッドスカーフをかぶらせることも禁止するということです。親が子供に対して「過激なテロリストの手法」を教えることを止めなかった場合、通常の学校から「特殊学校」へ転校させられるとのこと。

中国で最もイスラム教徒の割合が多い新疆ウイグル自治区ではこれまでにもイスラム教徒に対する厳しい政策が実施されてきました。

中国政府、新疆ウイグル自治区でのラマダーンの断食を禁止…海外の反応

サッカー選手育成のため中国全国から青少年を招聘している河北(かほく)省衡水(こうすい)市のサッカークラブに所属する新疆(しんきょう)ウイグル自治区出身のウイグル族の少年9人が、同市公安当局から「テロ防止」を理由にクラブへの参加を禁止されました。このような中国当局のやり方は、ウイグル族と漢族の溝をさらに深めるとして、非難の声が上がっています。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12170-72231/

アムネスティ・インターナショナルやヒューマン・ライツ・ウォッチなどの国際人権団体は11日、人権擁護に取り組む活動家を称える「マーティン・エナルズ賞」の今年の受賞者に、中国で服役中のウイグル族学者、イリハム・トフティ氏を選出したと発表した。同氏は2014年に、国家の分裂やテロ行為をあおった罪で終身刑を言い渡されている。
中国外務省の報道官はトフティ氏について「暴力的なテロ攻撃を行った過激派を公然と英雄扱いしている」と非難。「人権とは何の関係もない人物だ」と述べた。

http://www.cnn.co.jp/world/35090401.html

中国の狙いは民族絶滅

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・政府が洗脳したいからだろうな。

・イスラム教と中国共産党、どちらかを選べってことか。

・毛沢東は「宗教は毒」と言って徹底的に否定したらしいけど、今の中国には宗教は全くないの?

・中国は特にイスラム教とキリスト教に厳しい。

・「宗教は毒」ってのは強ち間違いでもなかったな。

・僕の両親は中国に住んでるんだけど、毎週日曜には教会は人でいっぱいになるらしい。

・中国は世界で一番、無宗教の人が多い国だよ。人口の61%が無宗教らしい。イギリスは19%、アメリカは3%だから、中国はダントツで多い。

中国がひた隠す毛沢東の真実

・人口が増え続けてるとか、貧困者が増え続けてるとか、いろいろ問題はあるはずなのに、宗教の操作を優先するってどういうことなんだ?

・宗教を操作すれば、それが嫌になって中国から出て行ってくれると思ってるんじゃないの?

中国新疆ウイグル自治区から脱出、亡命を図るウイグル族が増えている。習近平政権の過酷な弾圧から逃れるためとみられ、タイの施設には数百人規模が収容され、民族・言語的に近いトルコに保護を求める“避難民”も目立ってきている。中国当局はウイグル族が過激組織「イスラム国」とつながっているとし、「テロ対策」を強調しているが、一方で「国家テロ」を正当化するためのプロパガンダだという指摘もされている。

http://www.sankei.com/west/news/150217/wst1502170006-n1.html

・これは良いことじゃないの?親が幼い子供に宗教を刷り込むのは問題がある。

・でもその代わりに中国共産党のプロパガンダが刷り込まれるんだぜ。

・中国に住んでたことあるけど、中国人が嫌っているのはイスラム教と一部のキリスト教だけだよ。ヒンドゥー教や仏教は人気がある。

・ちゃんと自分で考えられるくらい大人になるまで宗教から隔離してたら、この世界から宗教がなくなるんじゃないかな。

・たしかに小さい子供を洗脳するのは良くないね。

・正しい宗教なんてものはないんだから、真実かどうかを疑う力のない子供に教えるのは良くない。

・これは他の国もそうするべき。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク