シェアする

中国政府、北京に作られた「空気清浄機の塔」が実際に空気を綺麗にしていると発表…海外の反応

中国、北京市近郊の公園で2016年10月から稼働している世界最大級の「空気清浄機の塔」ですが、実際に周辺の空気を55%ほど綺麗にしていると中国政府の環境保護部より発表されたようです。Inhabitat.comが報じています。「空気清浄機の塔」はオランダのデザイン会社、「Studio Roosegaarde」と環境保護部が協力して作ったもので高さは約7メートル。

中国が滅びる日

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・「塔」と呼ぶわりには意外と小さいんだな。

・こんなものが本当に効果があるとは思えないが。

・本当に効果があると思いたいけど、中国政府が発表したものだからな。

・ただの芸術作品じゃなかったのか。

・中国の環境保護部が発表した結果だろ?そんなもん信用できない。

・でも中国は大気汚染に対してかなり真剣に取り組んでいるからね。

・このシステムを開発したStudio Roosegaardeってところは信用できるよ。

・これを作ったアーティストは自分の作品を見てもらえるし、中国政府は環境汚染に取り組んでることをアピールできるし、ウィン・ウィンだな。

・ロサンゼルスとサンティアゴにもこれを作ってほしい。

・この空気清浄機の塔、カナダにも欲しいな。トロントの空気はかなり汚い。僕はトロントから北に一時間くらいのところに住んでるんだけど、空気の質が全然違う。

・トロントよりもデトロイトの方がヤバイよ。トロントの空気を汚してる汚染物質はアメリカから流れていってるから。

・トロントも空気が汚いかもしれないけど、北京やカイロは全く違うレベルで汚いからな。

・この空気清浄機を動かすための電力を発電するためにまた空気が汚れるんじゃないの?

・焼け石に水だろ。

中国

・中国人がこれのパクリを作り始めるのも時間の問題だろうな。

・この装置を維持するのにどれくらいの金と電力が必要なんだろう。

・っていうか、こんなものを作って効果がなかったらアホすぎる。

出典:Reddit

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク