シェアする

海外「日本には稲刈りをするスーパーヒーローがいるらしい」…秋田県の超神ネイガーが話題に

秋田県のご当地ヒーロー「超神ネイガー」がコンバインに乗って稲刈りをする様子が海外でも話題になっています。収穫したお米は「超神ネイガー米」として販売されるそうです。

秋田県活性化のため、オリジナル・ヒーローを造ろうと、幼馴染みである海老名保と高橋大が結成した「ネイガー・プロジェクト」の有志らが創造し、2005年6月にデビューさせたヒーロー・キャラクター。
秋田県内各所の観光イベントや大型小売店、遊園地などに登場し、アクションショーや握手会などを行う。
「海を、山を、秋田を守る、秋田発・地産地消ヒーロー」を名乗っている。キャッチコピーは、この他にも、「戦う秋田名物」や「豪石せよ、アキタ・ケン!」などがある。

超神ネイガー – Wikipedia

超神ネイガー

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・コンバインに乗るヒーローって…

・農家の人も楽しそうだな。

・飢餓と戦うヒーローか。

・面白すぎ!

・なんか心が暖まるね。

・これはこういうテレビ番組じゃないの?

・仮面ライダー響鬼っぽい。

・仮面ライサーってか。

・こんな格好で働くのは大変だろうな。

・日本ではみんなスーパーヒーローなんだな。

・アメリカにもこんなローカルヒーローがほしいな。

・そういえば『キャプテン・プラネット』も環境保護がテーマだった。子供に興味を持ってもらうにはいい方法だよね。

・なんか『サムライフラメンコ』を思い出した。

サムライフラメンコ

・僕は秋田に住んで1ヶ月になるけど、まだ超神ネイガーは見たことないな。

出典:In Japan, There’s a Superhero Who…Plants Rice

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク