シェアする

日本人女性を下の名前で呼んでみるCMがヒドすぎる…海外の反応

株式会社ポーラによるプロモーション動画、『Call Her Name』が海外でも話題になっています。普段は「お母さん」「ママ」など、下の名前で呼ばれない女性を下の名前で呼んでみる、という内容です。

脳ストレスが消える!

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・Doveのコマーシャルかと思ったら違った。

・「美のホルモン」なんていうのは大体Doveだからな。

・名前を呼ばれた時に顔が明るくなるのが素敵。

・こんなもん女優が演じてるに決まってるだろ。

・特に一番最初の女性(モエ)が呼ばれた時、服から壁、ソファまで全部白かった。これはヤラセだと気づいた。

・なんかすごい違和感を感じる。

・全員役者だからだろ。

・日本人の役者は下手くそすぎ。愛っていう感情を知らないんだよ。

・血液型占いなんてものを信じてる日本人らしいCMだな。

・日本以外でも新聞に星座占いを載せてるが。

・なんでオキシトシンが「美のホルモン」なんだ?

・アメリカでは「愛のホルモン」って言われてるよ。性的興奮や信頼、満足に関わるホルモンだから。

近年注目されている、オキシトシンの効果をまとめると、次のようなものです。

1、人への親近感、信頼感が増す。
2、ストレスが消えて幸福感を得られる。
3、血圧の上昇を抑える。
4、心臓の機能をよくする。
5、長寿になる。

オキシトシンが分泌されると、脳内では「脳内物質」として働いて心を変え、さらに血液中のホルモンとなって体にも効くのです。

http://shuchi.php.co.jp/article/1092

・文化の違いだな。うちでは夫婦でもファーストネームで呼び合うぞ。他の家族もそういうところが多い。

・19人はサンプルとして少なすぎるだろ。

・アジアの言語の中では日本語が一番聞き心地がいい。英語に響きが似てるからかな。

・うちは夫婦間でも名前で呼び合うようにしてたら、子供まで名前で呼ぶようになって、直すのに苦労した。

・日本での名前の呼び方には三段階あって、最初は苗字だけで呼んで、知り合ってしばらく経つと下の名前で呼んで、さらに親しくなるとあだ名で呼び合う。しかも敬称が恐ろしく多い。

・感動はするけど、科学の無駄使いだな。

・やっぱり日本って変だわ。

出典:Call Her Name | RED B.A/株式会社ポーラ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク