シェアする

海外「まるでアニメみたい」福岡市ミニバス大会決勝戦でのスーパープレイが話題に…海外の反応

福岡市ミニバスケットボール夏季交歓大会決勝でのスーパープレイ動画が海外でも話題になっています。2015年7月26日に行われた百道シューティングスターズと和白東の試合、45対45で迎えた延長戦、終了間際に和白東の4番が放った「ブザービーター」で逆転勝利。

ブザービーター(buzzer beater)はバスケットボール用語の一つで、ピリオドや試合の終了直前に放たれ、ボールが空中にある間に残り時間が0となり、ゴールに入るショットの事を指す。まるでゴールによってブザーが鳴らされたように感じられることからこの呼名がある。

ブザービーター – Wikipedia

ブザービーター

スポンサーリンク

以下、コメント欄のまとめ。

・アニメみたいな展開だ。

・日本のことだから、間違いなくアニメか漫画にされるな。

・バスケットボールを題材にしたアニメや漫画はすでにあるぞ。

・『黒子のバスケ』な。

・ちょうど最近、『黒子のバスケ』を見たところだったから、まるでデジャヴのようだった。

・緑間のゾーンだ。

黒子のバスケ

・負けたチームはショックだったろうな。

・なんで最後、2点しか入ってないの?

・最後は51対49だろ。バスケットボールは得意だけど、算数は苦手みたいだな。

・日本の小学生のバスケットボールにはスリーポイントシュートはないんだよ。

・1:38あたりはバックコート・バイオレーションじゃないの?

・日本のミニバスケットボールにバックコート・バイオレーションはないよ。

・これはNBAがスカウトに来るぞ。

・凄すぎる…もう20回くらいリプレイしてしまった。

・俺は30回くらい見た。

・さすがアジア人だな。

・最近の子供って凄いよな。成長も学習も速いし、身体も丈夫だ。バスケットボールのコートの端から端までボールを投げられるなんて普通はできない。

・あれだけ投げられるんだったらアメフトのクォーター・バックでも大成しそう。

・最後の瞬間、負けたチームのコーチがひっくり返ってる。

・この試合、全部見たかった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク