シェアする

実写映画版『進撃の巨人』の最新予告映像がヤバ過ぎる…海外の反応

以前より国内外で話題を呼んでいる実写映画版の『進撃の巨人』ですが、このたび特報第二弾の映像と立体機動予告編が公開されました。すでに日本でもミカサのキスシーンがあることについて賛否両論あるようです。

特報第二弾

立体機動予告編

映画『進撃の巨人』は2015年8月1日に前編が公開、9月19日に後編が公開される予定です。

http://www.shingeki-seyo.com/

進撃の巨人

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・そもそもアニメ版が過大評価なんだよ。

・つまらなさそう。第一弾の予告編の方が良かった。

・これはハリウッドにリメイクしてほしい。

・特殊効果も立体機動装置もアホらしく見える。

・『ドラゴンボール・エボリューション』よりはマシだろ。

ドラゴンボール・エボリューション

・全てが安っぽい。

・鳥肌がたった。

・なんでミカサがキスしてるんだ?

・ミカサとキスしたくない奴なんていないだろ。

・ミカサは一番カッコいいキャラクターであってほしい。

進撃の巨人

・クソみたいな映画を作るのはアメリカだけじゃなかったということだな。

・日本が作るアニメの実写映画はなんで酷い映画しかないんだろう。

・登場人物が全員日本人だったら、ミカサのキャラクターが薄くなるのに。

・RPGがあるのに弓矢で戦うキャラクターがいるのはおかしい。

・原作に近くてもファンから叩かれるし、原作からかけ離れていてもファンから叩かれるからな。

・自分は『進撃の巨人』のファンだけど、これはすごく楽しみ。

・僕は漫画版もアニメ版も見たけど、別に映画版はそれのコピーである必要はないよ。

・キスシーンはあってもいいんじゃないかな。原作がなかなかキスシーンを使わないのは引き伸ばしのためだろう。

・やっぱり実写映画版は見る気にはならない。アニメ版よりも面白くなるわけがない。

・キスはいいとして、CGがクソすぎる。

・なんでこのアニメを実写映画化しようと思ったんだろう。

・この映像を見る限りでは巨人が一番マシだな。酷いキャスティングや酷い演技はハリウッドが『進撃の巨人』に興味を持たないようにわざと酷くしているんだろうか。

出典:The Worst Thing about the New Attack on Titan Movie Trailer

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク