シェアする

アメリカのロボット製作会社が日本の水道橋重工に挑戦状…海外の反応

アメリカのロボット製作会社、MegaBots Inc.(メガボット)が日本の本格的ロボット「クラタス」で知られる水道橋重工に挑戦状を叩きつける動画が公開され、話題になっています。動画では実際にロボットがペイントボールを発射する様子も映っています。動画の最後には「一年後に戦おう」と決闘を申し込んでいます。

このロボットがライバル視するのは日本の水道橋重工が製作したロボットの「クラタス」です。

クラタス

スポンサーリンク

以下、コメント欄のまとめ。

・これはマジで対決してほしい!

・日本が勝つに決まってるだろ。

・メイウェザー対パッキャオより面白そうだな。

・興奮してきた!

・日本がこれに勝つためにはメタルギアとグレンラガンを作らないといけないな。

・一年後が楽しみだ。

・これを元にアニメか映画を作ってほしいな。

・これは日本が勝つだろうな。技術に関してはアメリカより日本が上だよ。

・この試合のチケットはどこで買えるんだ?

・オリンピック種目に入れるべき。

・アメリカの国旗をマントみたいに羽織るのはマナー違反だぞ。

・『機動戦士ガンダム00』の最初のシーンを思い出した。

・日本に勝てるわけないだろ。日本はこういうロボットの研究を40年くらいしてるんだぞ。

・こうして一年戦争が始まるのか。

・この時代に生きててよかった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク