シェアする

アメリカ人「やっぱり日本がいい」アメリカの高速鉄道計画で中国との合弁解消…海外の反応

アメリカのロサンゼルスとラスベガス間を結ぶ高速鉄道を計画している「エクスプレス・ウエスト」は、中国の「チャイナ・レールウェイ・インターナショナル」との合弁解消を発表しました。

エクスプレス・ウエストは中国企業側の「達成能力の無さ」が原因で計画が遅れていることを理由に合弁を解消。これに対して中国企業側は「唐突であり無責任」と批判しています。

 エクスプレス社は中国企業側を「やるべきことを時間通りにできていない」と批判し、計画の遅れが合弁解消の主な理由だと説明している。

昨年9月、エクスプレス社と中国の鉄道大手、中国鉄道総公司を中心とする中国企業連合との合弁設立が明らかになっていた。今年9月にも着工する見通しだった。

http://mainichi.jp/articles/20160610/ddm/008/020/156000c

今年の2月には、インドネシアでの高速鉄道建設も計画の遅れがニュースになっていました。

 日本との受注合戦に競り勝ち、中国が手掛けることとなったインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画に暗雲が立ち込めている。中国側の準備不足などが露呈し、工事は未だ手つかず。インドネシアでは計画中止を求める声も上がっている。

http://www.iza.ne.jp/topics/world/world-9186-m.html

中国GDPの大嘘

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・これは嬉しいニュースだ。

・中国製の高速鉄道なんてクソみたいな品質だろうからね。

・そもそもなんで中国と契約なんてしたんだよ。

・日本やドイツに作ってもらう方がマシだよ。共産主義国なんて信用できない。

・中国製の高速鉄道なんて怖くて乗れないよ。

・アムトラックも十分に怖いだろ。

・もう30年くらいロサンゼルスとラスベガス間の高速鉄道を待ってるんだけど。いつも計画だけで実行されたことはない。

・アメリカにはすでに鉄道があるのに、なぜ高速鉄道は作れないんだ?

・なんでアメリカはインフラに関しては発展途上国並に遅れてるんだろう。

・誰かアメリカで高速鉄道会社を作ろうって奴はいないのか?

・イーロン・マスクに作ってもらおうぜ。

・いよいよハイパーループの出番だな。

ハイパーループ (Hyperloop) とは、アメリカ合衆国の実業家のイーロン・マスクが構想を発表した次世代交通システム。2013年8月に公表された。
2016年にカリフォルニア州の州間高速道路5号線沿いの街にテスト路線を建設し、2018年を目処に旅客輸送を予定している。

ハイパーループ – Wikipedia

イーロン・マスク

・中国人に鉄道を作らせるのはアメリカの伝統だったはずだが。

・150年前にもアメリカ大陸を横断する鉄道を作ったのは中国人労働者だったな。

・アイルランド人や中国人みたいな貧しい移民達だったんだよな。

・高速鉄道の建設は待てる。でも戦争は待てないってことか。

・安全が一番大事だからね。

・日本に作ってもらおうぜ。日本人なら本物の作り方を知ってる。

出典:Yahoo

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク