シェアする

日本の天才アイスホッケー少年、井口藍仁選手が凄すぎる…海外の反応

埼玉ジュニアアイスホッケークラブ「WARRIORS」に所属する小学5年生、若干11歳の井口藍仁(いぐちあいと)選手のプレイが凄すぎると海外のアイスホッケーファンの間で話題になっています。

埼玉ジュニアアイスホッケークラブ「WARRIORS」公式ウェブサイト

埼玉ジュニアアイスホッケークラブ「WARRIORS」Facebook

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・まだ11歳か。あと7年、この子が技術を磨いたら凄いことになるな。

・日本を離れればな。自分より強い選手とプレーをしない限りは成長しない。

・将来が楽しみだね。

・ハーフの日本人として、この子がNHLで活躍できるように応援するよ。

・身体の大きさが問題になるだろうね。

・NHLには身体が小さくても活躍してる選手はいるよ。

・今からもう契約しとけよ。

・でもカナダでは11歳でこれくらいの選手はいくらでもいる。

・トロント・メープルリーフスの川崎宗則になってほしい。

・ついにツジモト・タロウが現れたのか。

ツジモト・タロウ(Taro Tsujimoto)は、1974年のNHLドラフトにおいてバッファロー・セイバーズに第11巡指名選手として正式にドラフトされた架空のアイスホッケー選手。

当時セイバーズのゼネラルマネージャーだったパンチ・イムラックは、電話によるドラフト手続きの遅さにうんざりしており、NHL会長を28年間勤めていたクラレンス・キャンベルとリーグに対してジョークをかますことを決めた。イムラックは広報ディレクターのポール・ウィーランドに連絡をとり、「セイバー(Sabre)」の日本語訳と一般的な日本人の人名を調べさせた。ドラフトが第11巡になったとき、イムラックは日本アイスホッケーリーグ、「トーキョー・カタナズ」のセンターでスター選手の「ツジモト・タロウ」を指名した。「ツジモト・タロウ」の名はバッファロー地域の電話帳から見つけたものを元にしたでっちあげであり、チーム名の「カタナズ」は「セイバーズ」の適当な日本語訳だった。

ツジモト・タロウ – Wikipedia

・まだ11歳なのに、流れを読んで、他の選手を活かすのも上手い。両親は彼をどこかいい環境に移すことを考えるべき。

・これだけの技術があって、しかもチームプレイができてるのが素晴らしい。飛び抜けて上手い選手ってのは個人プレイに走りがちだからね。

・彼のチームメイトもかなりいいプレイをしてるね。

・どこのリーグ、どこのチームに所属することになっても楽しむことを忘れないでほしい。ただただ彼のプレイを見ていたい。

・なんで天才が生まれるのはいつも日本なんだろう。

出典:11 Year old Japanese Hockey Prodigy Aito Igugchi

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク