シェアする

海外のゲーマーが選ぶ「2015年の最も素晴らしいゲーム、12選」…海外の反応

ゲーム情報サイトのKotakuが選んだ「2015年の最も素晴らしいゲーム、12選」です。アルファベット順。

『アサシン クリード シンジケート』

アサシン クリード シンジケート

『ハコボーイ!』

ハコボーイ

『Bloodborne』

Bloodborne

『Destiny: The Taken King』

Destiny: The Taken King

『ライフ イズ ストレンジ』

ライフ イズ ストレンジ

『メタルギアソリッドV』

メタルギアソリッドV

『ロケットリーグ』

『ロケットリーグ』(Rocket League)はラジコンを操作してサッカーを行う架空のスポーツを題材としたコンピュータゲーム。
SteamおよびPlayStation 4で有料配信されており、クロスプレイ(異なる機種間での対戦プレイ)も可能。

ロケットリーグ – Wikipedia

『スプラトゥーン』

スプラトゥーン

『スーパーマリオメーカー』

スーパーマリオメーカー

『Transformers: Devastation』

Transformers: Devastation

『Undertale』

『ウィッチャー3 ワイルドハント』

ウィッチャー3 ワイルドハント

スポンサーリンク

以下、海外の反応。

・なかなか良いセンスしてるね。

・完璧に近いリストだけど、『ゼノブレイドクロス』が入ってないのは納得いかない。『スカイリム』に匹敵するオープンワールドRPGだぞ。

・たぶん「『スカイリム』に匹敵するオープンワールドRPG」として『ウィッチャー3』が入ってるから『ゼノブレイドクロス』を入れなかったんだろう。

・でも『ゼノブレイドクロス』の世界は『ウィッチャー3』が3倍くらいの広さを持ってる。

ゼノブレイドクロス

・『ライズ・オブ・トゥームレイダー』も入れてくれよ。開発元のクリスタル・ダイナミックスには感心した。

・ビジュアル面では『ライズ・オブ・トゥームレイダー』は2015年で最高のゲームだった。

・『Bloodborne』はやってみたいんだけど、パソコンでできないんだよな。

・『ウィッチャー3』は2015年にやったゲームで一番面白かった。

・『スーパーマリオメーカー』は発想自体が素晴らしい。次はファミコン、スーパーファミコン時代の2Dでいいから、『ゼルダの伝説メーカー』を作ってほしいな。

・『スーパーマリオメーカー』は80年代や90年代の子供の夢が現実になったんだよな。

・『ライフ イズ ストレンジ』はないわ。第1章だけやって止めちゃった。

・第2章から面白くなるのに。

・2015年は『フォールアウト4』も『ウィッチャー3』も良かったけど、一番良かったRPGは『Pillars of Eternity』だな。

Pillars of Eternity

・『ロケットリーグ』は確実に入るだろうと思った。

・たしかに『ロケットリーグ』はここ何年かで一番面白いゲームだった。

・『Undertale』は面白そうだからやってみたいんだけど、信者がウザいんだよな。

・『スプラトゥーン』は昔から知ってる親友のようなゲームだ。

・『ハコボーイ!』が入ってて良かった。あんまりメジャーじゃないけど、僕はかなり好きなんだよな。

・なんで『Destiny: The Taken King』を入れたんだ?金をもらってるのか?

・なぜ『フォールアウト4』がなくて『Destiny: The Taken King』が入ってるのか。

出典:The 12 Best Video Games Of 2015

シェアする

フォローする

スポンサーリンク